FC2ブログ
2019/02/11

リマスターに向けてビデオカード購入した

自宅PCではリネージュくらいしか遊ばないため内蔵GPUを用いていましたが、リネージュリマスターの必要スペックがどう考えても内臓GPUではきつ過ぎるのでビデオカードを調達しました。

2019021101.jpg

この画像をみてピンと来た方、正解です。
SAPPHIRE RADEON RX 470 8G MINING。マイニング用のビデオカードです。


2019021102.jpg
マイニング用のビデオカードなので映像出力がありません。

マイニングブームが終焉したため、中古市場に大量のマイニング用ビデオカードが溢れています。これは税込6500円弱で購入できました。Win10では内臓GPU経由で出力もできるのですが、面白くないので出力できるように改造します。
むしろ改造できるのが購入の決め手です。


まずファンを取り外します。
2019021103.jpg
出力はできませんが、HDMI端子がついてます。


ヒートシンクを取り外します。
2019021104.jpg

今回の改造箇所アップ。赤枠のところに手を入れます。
2019021106.jpg


取り付けるパーツ一覧(サイズ比較用に1円玉を置いておきました)
2019021107.jpg
左側はHDMI端子。2画面出力したいのでもう1つつけます。
中央は上からチップ抵抗、チップコンデンサ、トランジスタ、MOSFET。チップ抵抗、チップコンデンサのサイズは1005(1mm x 0.5mm)
本当はインダクタも必要なのですが購入数間違ったためハンダブリッジして省略


作業後の画像
2019021108.jpg
抵抗40個、ハンダブリッジ16箇所、コンデンサ16個、トランジスタ、MOSFET、HDMI端子をぺたぺた。ハンダブリッジが一番面倒だった。
作業後の基盤洗浄に無水エタノールを使おうと思ったのですが、見当たらなかったので手ピカジェルで代用。手ピカジェル最強伝説。


ブラケット加工
2019021105.jpg
金属用のこぎりで縦に切って、ペンチで挟んで左右に動かすときれいに切れます。2つ目のHDMI端子部はニッパーで切断。切断後の箇所は棒ヤスリで後処理


あとは組み立ててハード的には完成
2019021109.jpg

その後ファームウェアの書き換え等を行い、RX470 MINING が RX580に生まれ変わりました。
リビング用にもほしいのでもう1つ購入しようかな・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント